加齢臭はいつから?低年齢化して20代どころか10代も!?

【スポンサードリンク】

加齢臭はいつから?

 

加齢臭 いつから? 加齢臭が発生するようになる時期に明確なものはないのですが、最近だと20代の若者の中にも凄く増えてきているそうです。

 

中には10代の若者にまで、なんて話もあるぐらいです。

 

中学生

 

40代、50代でも加齢臭がしない人がたくさんいますし、やっぱり体質や生活習慣には個人差があるので、いつから加齢臭が発生すると言えません。

 

ですが、よく考えてみれば昔と比べて若い世代から加齢臭が発生する理由もわかる気がします。

 

若者の身体の衰え

 

加齢臭 運動不足 若者今の子供たちは昔から比べると、圧倒的に運動しなくなっていると言われていますよね、小さい頃から外で遊ばないで勉強やゲームをしている世代は、やっぱり身体も弱いと思います。

 

身体の中の内臓を動かすのも筋肉です、加齢臭の低年齢化は運動不足が関係していると思います。

 

ゲームをする子供

 

さらに子供たちの食生活も昔と比べると、便利になり過ぎて酸化した食品が増えています。

 

スナック菓子やインスタント食品を小さい頃から食べているので、身体の中の酸化も昔の子供たちより早くおとずれるのは、不思議ではないと思います。

 

体臭 運動不足 薄毛運動不足と酸化した食品らが積み重なって、加齢臭の低年齢化につながっているのだと思います。

 

最近は男性に限らず女性も薄毛で悩む人が多いですが、薄毛も同じように食生活や運動不足が関係していると言われているので、加齢臭の低年齢化と共通点があるように思います。

 

昔の子供たちのように、走り回って遊んで自然な食品を食べていた世代と、現代の10代や20代の若者では同じというわけにはいかないのだと思います。

 

遊ぶ子供 

 

今は栄養補給食品やサプリメントが普及していますので、栄養が不足することはまずないと思いますが、それだけに精製された物に頼ることになり、栄養が偏る可能性もあるわけです。

 

【スポンサードリンク】

加工品のリスク

 

リンゴを丸ごとかじっていれば、皮にも栄養がたっぷりあるので様々な栄養を吸収することができます。

 

一方で便利なサプリメントやビタミン剤だと、その特定の栄養素しか吸収できません、ビタミンCの錠剤にはリンゴを丸ごと食べた時のようにポリフェノールや食物繊維などが含まれていないわけです。

 

栄養 加齢臭 抗酸化作用栄養補給食品が悪いわけではありませんが、やっぱり栄養は食品から取った方がバランスがいいのだと思います、硬いリンゴを丸ごとかじれば、顎や歯も鍛えられることになります。

 

魚も柔らかい身だけ食べるより、丸ごとかじったほうがカルシウムやDHAもたっぷり取れます。

 

魚

 

加齢臭 栄養 昔歯医者さんがなかったはずの昔の人は歯並びがよかったですよね、現代人でもアフリカの人は歯並びがいいですよね。

 

加工品や柔らかいものばかり食べていると、栄養の偏りだけではなく、身体の色々なところに影響が出るのだと思います。

 

ちょっと極端な話になってしまいましたが、やっぱり体は食べ物から出来ているので、きちんと食べ物を選ぶことがとても大切です。

 

現代人は栄養が足りないなんてことは稀で、成人病のほとんどが食べ過ぎが原因だと言われています。

 

ハンバーガーセット

 

食生活 改善 加齢臭体臭の変化や薄毛というのは、一つの身体の老いのサインです。

 

食生活を今一度改めてみるチャンスと捉えて、諦めないで頑張って対策をしましょう!

 

特に10代や20代の若者であれば、ちょっとした運動でも身体が変化しやすいので、諦めずに健康的な生活を心がけましょう。

【スポンサードリンク】



【よく読まれているページ】

手っ取り早い加齢臭対策
 
まとめページ