香りと匂いと臭いの違い!平仮名やカタカナで印象も変化します

香りと匂いと臭いの違い

 

疑問加齢臭について色々調べていくうちに、ある疑問が浮かびました。

 

それは「匂い」と「臭い」の違いについてなんですよ。

 

さらに「ニオイ」と「におい」でも何となくニュアンスが違いますよね、それで気になって調べてみました。

 

 

香り 意味まずは「香り」、これはわかりやすいと思います。

 

  • 花の香り
  • 香水
  • お香
  • 香ばしい

 

など、イメージがとても良い表現として使われます。

 

いい 香り

 

匂い 意味難しいのが「匂い」です。

 

付属する言葉で意味が変化してしまいます。

 

「いい匂い」「嫌な匂い」と両方使えます、香りだと「悪い香り」とは使いませんよね。

 

さらに「ニオイ」というカタカタにすると、また少し印象が変わりすます、これも感じ方に個人差があるので難しいですね。

 

平仮名の「におい」だと無味無臭といいますか、どちらよりでもない、公平な印象があります。

 

「どんなにおいだった?」

 

「どんな匂いだった?」

 

「どんなニオイだった?」

 

だんだんとマイナスのイメージになりませんか?カタカナには悪い決めつけが漂うような気がします。

 

「いいニオイだった?」とは使わないように感じます、これも個人差があるから何とも言えませんよね。

 

におい ニオイ

 

臭い 意味「臭い」は一番マイナスです、「におい」とも読めますし、「くさい」とも読むことが出来ます。

 

  • 体臭
  • 加齢臭
  • 発酵臭
  • 腐敗臭

 

など、「悪いにおい」について使われるイメージがあります。

 

だけど「嗅ぐ」という言葉に使われると、悪いばかりでもありません、でも「においを嗅ぐ」だと、悪いにおいが前提で、それを確かめるような印象にもなります、平仮名の「におい」は公平なはずなのに嗅ぐと組み合わさるとマイナスに・・・本当に難しいわよね。

 

私の勝手なイメージだと、

 

  1. 香り
  2. 匂い(におい)
  3. ニオイ
  4. 臭い(におい)

 

の順番で印象が変わってくると思います、そういう意味では平仮名の「におい」は便利かも知れませんね、メールなどの文章に使う場合は、「いい臭い」と間違えて使わないように気をつけましょう。

 

におい 漢字変換

 

って、私も間違えて使っちゃっていて注意されたんだけどね、偉そうにごめんさい。

 

英語 におい英語だと、たくさんの表現があるそうです。

 

いい香り、花の香などは「aroma、fragrance、bouquet、perfume、scent」 、等があり、

 

におい、だと「aroma、smell、odorscent」、等があり、

 

クサイ、だと「tench、reek、odor、stink」等の表現があるそうです。

 

これだけ種類があるのに、日本語と同じように重複するものがあるのが面白いですね、人によって感じ方が違うのだと思います。

 

【スポンサードリンク】

漢字変換のこわさ

 

日本語 意味日本語って本当に難しいですよね、悪気がなくても相手にそう伝わってしまうことがあります、言葉にして発すれば問題ないことでも、文章にした途端に意味合いが変わってしまうことがあります。

 

とくに携帯電話などであれば、普段使わない漢字まで使えてしまうので、ついつい余計な感じ変換をしてしまうケースがあります。

 

男と女でもそうですよね。

 

やめて

ヤメテ!

やめて・・・

や・め・て♡

止めて

 

やめて

 

同じ言葉でも状況、使い方で意味は変わってしまいますよね。

 

ニオイまた、全く同じはずの「におい」に対しても、感じ方で表現方法が変わってきます。

 

熟成されたワインの「におい」は、好きな人だと「芳醇な香り」でしょうし、苦手な人は「クサイ」になると思います。

 

テイスティング

 

嗅覚を文章で伝えるのは本当に難しいですね、私の文章で不快に感じる方もいると思います、拙い文章で申し訳ありません。

 

指摘 感謝そのような指摘をしてくださった方に感謝いたします、直接返信もさせて頂きましたが、改めてありがとうございました。

 

これからも皆さんに喜んで頂けるように精進いたします!

 

 

 

【スポンサードリンク】



【よく読まれているページ】

手っ取り早い加齢臭対策
 
まとめページ