足の匂い対策にも加齢臭の石鹸が効果的です!

【スポンサードリンク】

石鹸の泡で足の匂い対策

 

加齢臭 石鹸 足 臭い足の匂い対策としても、加齢臭専用の石鹸が効果的と言われています。

 

私は夫に内緒で加齢臭対策された専用石鹸を使わせていたのですが、なんと夫の足の匂いまで防いでくれました!

 

石鹸の泡は全身を包んでくれるので、加齢臭だけではなく、足やわきの匂いなど全身の体臭対策としても効果があります。

 

泡 全身 効果

 

足の匂いと加齢臭では匂いを発生させるメカニズムが違うのですが、加齢臭対策されている石鹸には殺菌作用があるので、足の匂いを発生させる菌にも効果があるわけです。

 

石鹸 泡 足の間コツはなるべく丁寧に石鹸を泡立てて、足の指の間にも泡が届くように洗いましょう!

 

右手と左足で握り合うようにすると、足の指が広がってストレッチにもなりますよ、もちろん左手と右足も握り合って、石鹸の泡を擦りあわせてください。

 

足の匂いの原因は様々

 

石鹸 足 臭うただし、加齢臭が染みこんだ洋服のように、足の匂いが染みこんだ靴を履いていれば、どんなに足を綺麗に洗っても靴から匂いがうつってしまうことになります。

 

加齢臭対策も色々な角度から攻めるように、足の匂い対策も石鹸だけでは不十分だと思います。

 

さらに足の場合は病気、水虫の可能性もあるので、その場合はお医者さんに相談するのが一番だと思います、市販されている水虫薬よりも、保険の効く皮膚科の薬のほうが安く済むこともあるそうですよ。

 

水虫薬 皮膚科

 

そして足の爪のお手入れも要注意です、深爪はよくありませんが、爪にゴミが挟まっていると足の匂いの原因になります、きちんと足の爪のお手入れをしてあげましょう。

 

靴の素材と足の匂いの関係

 

女性の場合はブーツを履くと、足の匂いが気になりますよね。

 

ブーツ 臭い はっきり言いますと、ロングブーツは通気性がほとんどないので匂い対策は難しいです、流行もありますが、足の匂いに関して言えば、なるべくならブーツは避けたほうが無難だと思います。

 

安い革靴の多くは合成皮革という人口的な革で作られていることが多く、これまた通気性がないので、足の匂いの原因になりやすいと言われています。

 

そのような素材の靴を避けるのも大事です、合成皮革でも消臭機能を謳っている靴であれば大丈夫かも知れませんが。

 

ブーツ 通気性 臭い

 

あと靴に染みこんだ汗は中々乾かないと言われています、毎日同じ靴を履いていると、靴が完全に乾ききる前に次の日になって、また新しい汗が追加されることになるので、靴の中がずっと蒸れっぱなしになってしまいます。

 

靴 蒸れ 臭うそうなると靴の中で悪臭を放つ菌が増え続けるので、どんどん靴と足が臭くなってしまいます。

 

出来ることは少ないのですが、通気性のいい中敷きを使用するのも効果的だと思います、家に帰ったら中敷きだけ外に出しておけば靴の中の乾燥も早くなりますよ。

 

理想は靴の汗を完全に乾かすために、靴をローテーションさせて同じ靴を毎日履かないほうがいいです。

 

ブーツは特に注意してください、100円ショップで売られているブーツキーパーを使用するのも効果的ですね、型崩れ防止がメインですが折れ曲がってしまうと通気性も悪くなります、ブーツキーパーは乾燥もしやすくなるので匂いを抑えるためにも必須アイテムですよ!

 

 

ここで靴の匂いを取る裏ワザも紹介しておきますね、靴の中に10円玉を入れて置くと、銅イオンの効果で靴の匂いが取れますよ!

 

10円 靴 消臭

 

ただし、長期間10円玉を入れて置くとカビが発生するケースがあるので気をつけてください、衣替えで10円玉を入れっぱなしにはしないほうがいいです。

 

もちろん専用品を使うのもいいですよ、靴用の消臭スプレーを一つあるといいですね。

 

 

除菌・消臭スプレー 靴 パンプス用

 

 

靴下と足の匂いの関係

 

靴下 足の臭い足の匂い対策で見落とされがちなのが靴下の素材です。

 

これは汗との相性もあるので人によっても違うのですが、合成皮革の靴に化学繊維の靴下を履くと、新品の靴でも直ぐに匂いが発生してしまうケースがあります。

 

極端に安い値段の靴下には、化学繊維が混ざっていることが多く匂いやすい傾向があります。

 

ポリエステルなどが入っている靴下を履いている方は、綿100%の靴下に変えるだけで匂いが解決することもあるぐらいです。

 

他にも消臭効果がある靴下を試してみるのもいいですね、ネットで探せばお手頃な価格の消臭効果のある靴下がたくさん見つかりますよ。

 

 

消臭効果靴下 制菌・消臭 3足組

 

 

靴下と靴の素材はどちらも大事です、特に通気性の悪いブーツなどを履きたいのであれば、靴下の選択がポイントになってきます。

 

【スポンサードリンク】

足の匂い対策された専用石鹸

 

足の臭い 石鹸足の匂いを抑えるための専用石鹸もあるので、加齢臭に悩んでいないのであれば、足の匂いを抑えることに特化した専用の石鹸のほうがより効果が期待できると思います。

 

 

足の臭いに効果抜群、足用石鹸

 

 

日ごろからお風呂に入らない人であれば別ですが、基本的には足を洗えているでしょうから、足の匂い対策としては、石鹸よりも靴や靴下のケアのほうがポイントになると思います。

 

スニーカーなども定期的に洗ってあげるといいですね、コインランドリーにスニーカー専用の洗濯機がある場合もあります。

 

ただし濡れたスニーカーを乾かす時に時間がかかってしまうと、生乾きの匂いが靴についてしまうので気を付けてください。

 

丸めた新聞紙を何度(三回以上は)も入れ替えて、靴の中の水分を吸い取ると早く乾きますよ、靴の形崩れの予防にもなります。

 

新聞 水分 吸い取り

 

革靴 洗い方 臭いただし、カラーの新聞だとインクの色がうつってしまうことがあるそうなので、白黒面が靴の内側に触れるようにしてください。

 

革靴だって洗えるそうですよ、やり方を間違えると型崩れして台無しになるそうなので、匂いが気になる方はよく調べてから自己責任に挑戦してみてください!

 

革靴の匂い対策で簡単なのは、靴の内側をウェットティッシュなどで拭いて、中敷きを消臭タイプのものに変えることです、100円ショップにも売っていますよ。

 

よく考えると加齢臭が染みこんだ洋服や汗を吸い込んだ靴下は洗濯をすることが出来ますが、足の匂いが染みこんだ靴は洗う機会が少ないですよね。

 

もし靴に水虫の菌がいれば、せっかく治療しても、また菌が付いて中々治らないそうです。

 

古い靴は思い切って買い替えるのもいいと思いますよ、もしかしたら足の匂い対策には一番効果があるかも知れません。

 

消臭スプレーだけで済ませる人もいますが、それだと根本的な解決にはなりません、きちんと足の匂いと向き合って、靴の掃除と消臭対策をしましょう。

 

 

【スポンサードリンク】



【よく読まれているページ】

手っ取り早い加齢臭対策
 
まとめページ