安易に身体の匂いを指摘してはいけません!信頼関係が崩壊します

パーソナルリスクスペース

 

こっそり 内緒 加齢臭対策私は夫の加齢臭を指摘出来ずに、こっそりと内緒で対策をしています。

 

家族なら何でも本音で言いあえることが理想だとは思いますが、いくら家族とはいえ、触れてはいけないものもあると思います。

 

当然、私と夫では血縁関係があるわけでもなく、育ってきた時代、食事、環境、考え方も違います。

 

どちらが正しいと決めつけると、人間関係、夫婦関係も上手くいきません。

 

夫婦 環境 違い

 

人の悩みを和らげたり解決に導く心理カウンセラーでさえも、身体の匂いの指摘はタブーなんだそうです。

 

  1. 親の批判
  2. センスの批判
  3. 体臭の指摘

 

この三つは信頼関係を崩壊させる可能性が高いのだそうです。

 

加齢臭 指摘 批判親の批判は当然ですよね、これを言われて笑っていられる人はいないと思います。

 

センスの批判は、人格の批判になります。

 

体臭の批判、指摘は遺伝子の批判と言ってもいいのではないでしょうか。

 

どれも指摘された方は辛いと思います。

 

だからと言って黙ってやり過ごすこと、無視することが、必ずしも愛だとも思えません。

 

【スポンサードリンク】

スメルハラスメント

 

スメルハラスメント 迷惑「スメルハラスメント」という言葉があるように、体臭や加齢臭は周りの人へ迷惑をかけます、それも本人に自覚がないだけに解決が難しい問題だと思います。

 

強度の腋臭の人に接客をしてもらってもリラックス出来ませんよね、タクシーの運転手さんだと密室なだけにかなり辛い時間を過ごすことになります。

 

手からタバコの匂いがする美容師さんもそうです、手元が鼻に近づく度に不快な気持ちになります、身体に触れることがあるマッサージ師もそうですね、匂いのケアが重要なお仕事はたくさんあると思います。

 

これが会社の上司や大切な取引先の人など、こちらの立場が低い場合は我慢をすれば済む話ですが、逆の立場の場合はどうでしょうか。

 

取引 

 

こちらが客の場合、選べる立場からすると、よほどのメリットがない限り、体臭が気になる人を選ぼうとはしませんよね。

 

大事な会議に二日酔いで現れたりするのも同じです、仕事を大切をしているとは感じられません。

 

体臭や加齢臭も、相手によっては同じようなマイナス効果を生む場合があります。

 

加齢臭 迷惑 仕事夫が知らず知らずのうちに加齢臭を出してしまっていると、部下や取引先に迷惑をかけている可能性があるわけです。

 

仕事、営業などが上手く行かない可能性も高まってしまいます。

 

しかも、その理由が本人にはわからないのです。

 

【スポンサードリンク】

内緒で加齢臭対策をする理由

 

愛する夫だからこそ、私は内緒でこっそりと加齢臭対策をしています。

 

こっそりと普通の石鹸を加齢臭用の石鹸に替え、少しずつ食事の内容を健康的なメニューに替え、衣類の洗濯を徹底しています。

 

男のたしなみ石鹸 夫 ないしょ

 

加齢臭対策 夫婦夫と話し合って協力しあえる夫婦関係であれば、もちろんそちらのほうが理想ですよ、積極的に食事も変えられますし、解決も早いと思います。

 

だけど身体の匂いのことは本人に自覚がないので、いくら家族とはいえ指摘されると凄く傷つくことになると思います。

 

安易に夫の親の悪口は言えませんよね、自分の親の悪口を言われたら傷つきますよね、身体の匂いの指摘も同じことだと思います。

 

もちろん夫に限らず他人の体臭を指摘することなんてもってのほかです、口が裂けても言えません。

 

加齢臭や体臭は誰も指摘してくれないからこそ、気づいた家族が対策をしてあげることが必要だと思います。

 

夫と知り合ったときからの匂いであれば、その人の体質なのかも知れませんが、加齢臭のようにある時から変化してきた匂いであれば、少しずつ改善させることは可能だと思います。

 

 

加齢臭対策 こっそり愛する夫のため、家族のため、夫の人間関係のためにも、こっそりと、「3つのアプローチ」で加齢臭対策を頑張りましょう。

 

 

それが出来るのは、奥様だけですからね!

 

 

【スポンサードリンク】



【よく読まれているページ】

手っ取り早い加齢臭対策
 
まとめページ