スメルハラスメントで訴えられる前に夫の加齢臭を何とかしましょう

スメルハラスメントとは?

 

加齢臭 スメルハラスメント 夫数年前から「スメルハラスメント」という言葉が使われるようになったことをご存知でしょうか?

 

主に体臭やタバコの匂いなどで周りに迷惑をかけている行為のことを「スメルハラスメント」と言います。セクハラからパワハラなどの言葉が出来たように「スメハラ」など言われています。

 

私の昔の職場にも加齢臭が凄い上司がいたのですが、今思えば「スメルハラスメント」を受けていたと思います。

 

もちろん匂いの指摘なんて出来ませんでしたし、会社のほとんどの人も気づいていなくて、気にするのは若い世代だけだったと思います。

 

お手上げの若者

 

当時は「スメルハラスメント」なんて言葉はなかったし、今とは時代が違うので空気清浄機もなく喫煙室もなく、匂いに対してに鈍感な人が多かったのかも知れません。

 

加齢臭 夫 スメハラでも時代が変わりましたよね、昔は問題なかったと開き直る方もいますが、やはり「スメルハラスメント」で迷惑をかけていることに変わりはありません。

 

タバコの匂い対策のために禁煙室が出来たように、加齢臭もそのままにしておくわけにはいかないと思います。

 

もしあなたの夫が仕事の良しあしではなく、加齢臭が臭いという理由で部下に避けられていたら、仕事をする上で大問題ですよね、取引先にも影響がないとは言い切れません。

 

あなたが夫に加齢臭を感じるのであれば、おそらくは若い世代の人もみんな感じているので、やはり対策が必要です。

 

加齢臭 内緒 対策 スメハラ本人が気づいていないのであれば、傷つけないようにこっそりと内緒で加齢臭対策をしてあげましょう!

 

 

 

【スポンサードリンク】

スメハラは加齢臭だけではありません

 

加齢臭 間違った 対策だた間違った加齢臭対策をしてしまうと、効果が出ないばかりか、別の意味で「スメルハラスメント」になる場合があります。

 

これは女性も気を付けてほしいことなのですが、体臭をごまかそうとして香水や柔軟剤を多く使ってしまうと、その匂いで迷惑をかけてしまい、結果的に「スメルハラスメント」になる場合があります。

 

バラ

 

私にも身に覚えがあるのですが、香水を使い始めて間もない人は、ついつい多めに使ってしまいがちですよね、周りに迷惑なぐらいの匂いを発生させています、例え香水のいい香りでも人によっては悪臭と感じて「スメルハラスメント」になってしまいます。

 

加齢臭 香水 ごまかすそれも可愛らしい若い女の子なら可愛げもありますが、おばさんで香水がきついと同年代から見ても、いい気はしないと思います。

 

スメルハラスメントの代表格は、体臭や加齢臭やタバコの匂いですが、香水や一時流行った香りの強い柔軟剤(ダウニー等)も話題になります。

 

特に柔軟剤は汗や雨等の水分に触れると匂いを強くする傾向があるので、体臭と柔軟剤のダブルで気持ち悪いということにもなります。

 

真っ赤なバラ

 

夫の加齢臭を防ぐ3つのアプローチでも紹介しているのですが、加齢臭の元となる皮脂汚れは落とさずに、ただ香りでごまかそうと柔軟剤だけで対策をすると、さらにマイナスになってしまいます。

 

【スポンサードリンク】

ごまかせない匂い

 

トイレ掃除をしないで「爽やか○○デー」を置いても、トイレの中が爽やかにはなりませんよね、徹底的な掃除の後であれば、それなりに爽やかにもなるとは思いますが。

 

加齢臭や体臭の対策も同じことです。

 

 加齢臭 柔軟剤 消臭最近は日本のメーカーも色々な香りの柔軟剤を販売していますが、加齢臭対策としては、やっぱり消臭効果のあるタイプの柔軟性を選ぶことをおすすめします。

 

 

 

加齢臭 夫 柔軟剤石原さとみちゃんのような可愛らしい女の子から花の香りならいいですけど、おじさんから汗と加齢臭と花の香りが漂ってきたら・・・爽やかではないですよね。

 

 

せめて男性ならミントやシトラス系の爽やかな香りのほうが似合うと思います、ほのかに香る程度であれば理想ですね。

 

 

加齢臭対策としては、きちんと皮脂汚れを石鹸で落とし、衣類の洗濯を徹底して、そして消臭効果のある柔軟剤で仕上げるのがベストです。

 

スメハラ 対策 夫 加齢臭夫の加齢臭を無視していると「スメルハラスメント」で周りに迷惑をかけているかも知れませんよ。

 

気づいている奥様、パートナーの出番だと思います、傷つけないようにこっそりと匂いの対策をしてあげましょう♪

 

【スポンサードリンク】



【よく読まれているページ】

手っ取り早い加齢臭対策
 
まとめページ