加齢臭とストレスの関係!疲労臭というものもあります

加齢臭と疲労臭

 

疲労臭 加齢臭 違い疲労臭」というものがあるのをご存知でしょうか?「加齢臭」ほど知名度はありませんが、疲労臭も中年になると出やすくなる体臭の一つと言われています。

 

疲労臭の匂いは加齢臭とは違って、酸っぱい匂いやアンモニア臭がすると言われています。

 

疲れ 体臭 疲労

 

加齢臭が発生するのは皮脂からですが、疲労臭の場合は汗から発生します。

 

加齢臭 内臓 衰えどちらも若い頃から比べると、内臓の機能が落ちてきて汗や皮脂の質が悪くなって独特の匂いを発生させてしまいます。

 

加齢臭の場合は胃腸の消化による影響が大きく、疲労臭は主に肝臓や腎臓の機能が落ちると匂いやすくなります。

 

 

結局はどちらの匂いの変化も身体の老いが原因です、そしてストレスも凄く関係しています。

 

 

内臓が元気な若い頃は多少のストレスがかかっても平気ですが、内蔵の機能が落ちてきた中高年の弱った内臓では、同じストレスでも影響が大きくなってしまいます。

 

ストレス 加齢臭

 

加齢臭 内臓 ケアストレスの原因は人それぞれなので何とも言えませんが、なるべくならストレスのかからない工夫が必要です、そして身体の内側のケアが大切になってきます。

 

【スポンサードリンク】

疲労臭は肝臓の衰え

 

加齢臭 疲労臭 肝臓特に疲労臭は肝臓が疲れてしまうと匂いやすくなってしまいます。

 

肝機能が衰えてきているのに若い頃と同じようにお酒を飲んでしまうと、肝臓に負担がかかりますよね、お酒の飲みすぎが疲労臭の原因になりやすいです。

 

お酒 肝臓 ストレス

 

肝臓 個人差 機能ただ、アルコールの分解する能力というのは、凄く個人差があるので大丈夫な人も多いです、だから他人と比べても意味がありません。

 

比べるのは若い頃の自分です、昔と比べてお酒が飲めなくなったり、二日酔いが残るのであれば、肝臓の機能が落ちていると考えられます。

 

疲労臭が感じられるのであれば、お酒の量を減らしてみてください。

 

お酒 量 肝臓

 

疲労臭 お酒 控えるもしお酒を飲まない人でも疲労臭のようなアンモニア臭がするのであれば、肝臓に負担がかかっている可能性があります。

 

サプリメントなどで特定の栄養素だけをたくさん取ると、肝臓に負担がかかる場合もあります、食生活や生活習慣を見直してください。

 

【スポンサードリンク】

匂いの変化は内蔵の変化

 

食事の量や好みも若い頃と変化してきますよね、無理して食べると胃腸がもたれることも多くなります。

 

そういう身体のサインを無視して食べ続けると、どんどん内臓に負担がかかって、加齢臭や疲労臭の原因にもなってしまいます。

 

よく胃薬や栄養ドリンクを飲んでまで飲み続ける方がいますが、身体のサインを無理やり抑え込んでいるので、かなり身体に負担がかかると思ってください。

 

食事 体臭 変化そのまま食生活をかえないと体臭の変化だけではなく、大変な病気になることだってあります。

 

加齢臭や疲労臭の変化は、内臓の衰えのサインです、やはり無視してはいけません。

 

身体から普段とは違う匂いを感じた場合は、身体の内側が悲鳴をあげているということです、身体を労わってあげましょう。

 

お酒の飲みすぎなど、わかりやすい原因があれば見直すチャンスですよ、お酒を減らして肝臓にいいと言われているオルニチンが含まれているシジミなどを取りましょう。

 

オルニチンのサプリメントやインスタント味噌汁でも便利でいいとは思いますが、個人的にはシジミのお味噌汁をおすすめします。

 

シジミのお味噌汁って「ホッ」としますよね、美味しさだけではなく、身体が栄養を欲しているからだと思います。

 

WS000001

 

加齢臭 体臭 変化 サイン加齢臭や疲労臭、そして口臭もそうですが、「匂いの変化=病気」というわけではありませんが、そのままほおっておくと病気につながる可能性があります。

 

体臭の変化を病気の前のサインと捉えて、食生活や生活環境、ストレス軽減など、色々見直してみることが大切です。

 

あと睡眠不足も内臓にはとっても悪いですね、食生活、生活習慣、睡眠不足も気をつけてくださいね。

 

【スポンサードリンク】



【よく読まれているページ】

手っ取り早い加齢臭対策
 
まとめページ